ティーシーエム

自動契約機「ポッケくらぶ」のティーシーエム

1977年にローンズナガノとして創業したティーシーエムは、長野県で屈指の老舗消費者金融でした。創業当時から約10年間は上限金利73.0%という高利で貸し付けていましたが、1986年には出資法が改正されたことにより、54.74%に引き下げることになりました。

最盛期には114億円の融資残高をあげて県内トップに君臨し、全国消費者金融ランキングでも46位にランクされるほどに成長しました。しかし、2000年以降は大幅な貸金業法改正により、事業縮小を余儀なくされ、アイフルに吸収合併される形で消滅してしまいました。

ティーシーエムの看板

ティーシーエムの企業概要(平成13年3月末)

社名:株式会社ティーシーエム
本社:長野県長野市中御所1丁目17-10田中ビル
創業:昭和52年7月
資本金:4,500万円
事業内容:消費者金融業
代表者:代表取締役社長 田中等
従業員数:69名(男44 女25)
支店:長野・松本・飯田・上田・諏訪・小諸・中野・伊那
売上高:43億円
関連会社:株式会社田中通商

ティーシーエムが事業撤退するまでの沿革

  • 昭和52年07月0長野市において、(株)ローンズナガノを創業(資本金200万円)。
  • 昭和55年02月0関連会社ローンズナガノ松本店を設立(資本金200万円)。
  • 昭和55年09月0ローンズナガノ飯田支店をオープン。
  • 昭和56年06月0関連会社ローンズナガノ上田店を設立(資本金100万円)。
  • 昭和57年06月0ナガノクレジット飯田支店オープン。
  • 昭和57年10月0ナガノクレジット長野支店オープン。
  • 昭和57年11月0ナガノクレジット本店をオープン。
  • 昭和58年01月0ナガノクレジット諏訪支店オープン。
  • 昭和58年04月0ナガノクレジット小諸支店オープン。
  • 昭和58年07月0中込支店オープン。
  • 昭和58年10月0中野支店オープン、コンピュータシステム稼働開始。
  • 昭和60年10月0ナガノクレジット長野支店、長野支店と統合。
  • 昭和61年08月0ナガノクレジット飯田支店、飯田支店と統合。
  • 昭和61年09月0ナガノクレジット小諸支店、中込支店と統合。
  • 昭和61年10月0融資残高が30億円を突破。
  • 昭和61年11月0上限金利をそれまでの73.0%から54.75に変更。
  • 昭和62年02月0サテライト店の更埴店オープン。
  • 昭和62年04月0サテライト店の須坂・伊那・岡谷店オープン。
  • 昭和62年08月0サテライト店の小諸店オープン。
  • 平成 1年01月0サテライト店の伊那店を伊那支店へ変更。
  • 平成 2年07月0本社を長野県長野市中御所に移転。
  • 平成 2年08月0融資残高が50億円を突破。
  • 平成 3年01月0サテライト店の須坂店を中野支店に統合。
  • 平成 3年02月0本店営業部としてローンズナガノキャッシングセンターをオープン。
  • 平成 3年02月0サテライト店の小諸店と中込支店を統合。
  • 平成 3年07月0関連会社の上田店の営業債権を買収。
  • 平成 3年08月0関連会社の松本店の営業債権を買収。
  • 平成 3年11月0商号をローンズナガノからティーシーエムに変更。
  • 平成 3年11月0テレビCMがスタート。
  • 平成 3年11月0上限金利を現在の54.75%から39.785%に引き下げ。
  • 平成 4年01月0全店オンラインシステムが稼働。
  • 平成 4年08月0サテライト店の岡谷店と諏訪支店を統合。
  • 平成 4年11月0サテライト店の更埴店と長野支店を統合。
  • 平成 6年02月0融資残高が70億円を突破。
  • 平成 6年11月0本店営業部と長野支店にATM機を導入。
  • 平成 7年02月0資本金を800万円に増資。
  • 平成 7年03月0資本金を4500万円に増資。
  • 平成 7年04月0全店にATM機を導入。
  • 平成 8年03月0長野支店、飯田支店、南松本支店に自動契約機「ポッケくらぶ」を導入。
  • 平成 9年07月0諏訪支店を上諏訪店に変更。
  • 平成10年09月0融資残高が100億円を突破。
  • 平成11年02月0中込支店を小諸に移転、小諸支店に名称変更。
  • 平成11年09月0中野七瀬を中野江部に移転。
  • 平成12年11月0豊科店を穂高に移転。
  • 平成13年03月0インターネットキャッシング・iモードキャッシングがスタート。
  • 平成13年07月0長野銀行とのATM提携開始。
  • 平成13年09月0長野中央支店(レディースバンク)オープン。
  • 平成14年04月0資本金を9,400万円に増資。
  • 平成14年06月0資本金を3億7,600万円に大幅増資。
  • 平成14年07月0資本金を5億6,400万円に増資。
  • 平成14年10月0長野銀行とCD・ATM利用の業務提携開始。
  • 平成14年11月0貸付債権の証券化により60億円の資金調達。
  • 平成15年08月0貸金業登録を長野県知事から関東財務局へ変更。
  • 平成15年08月0新潟支店オープン。
  • 平成17年02月0アイフルに買収されて子会社化となる。

 

テレビCM

ティシーエムのCM(1)

ティシーエムのCM(2)

ティシーエムのCM(3)

 

平成13年当時扱っていたローン

  • 名称/フリーキャッシング
  • 融資額/1万円〜50万円
  • 実質年率/29.2%
  • 返済方法/2年間の自由返済方式
  • 返済期間/1〜24回・最長2年
  • 遅延損害金年率/29.20%
  • 必要書類/運転免許証、もしくは健康保険証
  • 保証人/原則として担保・保証人不要

平成13年当時の新卒者募集要項

  • 初任給/大卒総合職19万6800円、短大専門卒18万36600万円
  • 諸手当/役職・住宅・家族手当、通勤手当(全額)
  • 昇給/年1回(7月)2001年度実績 2.9%
  • 賞与/年2回(6月・12月)2001年度実績 平均4.6カ月
  • 勤務地/長野県内(長野・松本・飯田・上田・諏訪・小諸・中野・伊那)※希望考慮
  • 休日・休暇/年間休日121日、年末年始、夏季、年次有給・慶弔・特別休暇ほか
  • 週休2日制/完全週休2日制(土・日)
  • 勤務時間/9:00〜18:00 フレックスタイム制あり
  • 福利厚生/財形貯蓄、退職金制度、保養所(全国19カ所)、社員旅行(年1回)、借上住宅制度
  • 職種/営業(店頭融資・顧客管理)、事務(本社経理・総務・人事・OA)
  • 教育研修/新入社員・業務内容・支店長・管理職研修など
  • 学部学科/全学部全学科
  • 採用実績校/第一経済大、山梨大、専修大、新潟産業大、長野大、山梨学院大、東洋大、明星大、信州短大、鶴見女子短大、飯田女子短大、長野女子短大、東京理科諏訪短大、松商学園短大、信州豊南女子短大、群馬女子短大、国際情報専門、長野経理専門、日本工学院情報処理専門、国際コンピュータビジネス専門、大原簿記専門

 

2004年度消費者金融業者の融資ランキング

 順位  名 称  所在地  融資残高  口座数
 1  アコム  東京 1兆6,127億円  295.4万 
 2  武富士  東京 1兆5,787億円  260.3万 
 3  アイフル  京都 1兆4,516億円  224.6万 
 4  プロミス  東京 1兆3,528億円  244.1万 
 5  CFJ  東京 1兆3,000億円   
 6  レイク  東京 8,210億円   
 7  三洋信販  福岡 4,152億円  77.2万 
 8  オリックスクレジット  東京 3,000億円   
 9  シンキ  東京 2,015億円  36.6万 
 10  ニッシン  東京 1,754億円  16.3万 
 11  モビット  東京 1,706億円  22.1万 
 12  三和ファイナンス  東京 1,556億円  50.0万 
 13  ぷらっと  東京 1,401億円  39.7万 
 14  クレディア  静岡 978億円  20.6万 
 15  ワイド  栃木 940億円  19.6万 
 16  アットローン  東京 930億円  16.0万 
 17  エイワ  神奈川 843億円  43.1万 
 18  アエル  東京 814億円  21.3万 
 19  ニッセンGEクレジット  京都 675億円   
 20  しんわ  福岡 670億円  16.6万 
 21  セゾンファインデックス  東京 665億円  20.5万 
 22  丸和商事  静岡 591億円  15.7万 
 23  オリエント信販  東京 555億円  14.7万 
 24  キャスコ  大阪 513億円  14.2万 
 25  日本プラム  京都 445億円  13.1万 
 26  オリックス倶楽部  東京 400億円   
 27  東京三菱キャッシュワン  東京 389億円  10.0万 
 28  新洋信販  東京 368億円  4.2万 
 29  ゼロファースト  東京 304.64億円   
 30  ナイス  東京 304.12億円  9.7万 
 31  エル・アンド・エム・ワールド  東京 300億円   
 32  ハッピークレジット  京都 274億円  9.1万 
 33  ワールド  京都 261億円  7.4万 
 34  レタスカード  京都  233億円 5.6万 
 35  ステーションファイナンス  大阪  217億円 5.8万 
 36  ユアーズ  愛知  205億円 8.0万 
 37  サンライフ  香川  201億円 4.4万 
 38  信和  京都  199億円 5.5万 
 39  あおぞらカード  東京 197億円  2.2万 
 40  ドリームユース  福井 155億円  4.3万 
41  レタスカード倶楽部  京都 142億円  3.9万 
 42  アルコ  東京 141億円  4.9万 
 43  オリカキャピタル  滋賀 140億円  2.6万 
 44  アステック  東京 128億円  非公開 
 45  栄光  神奈川 126億円  8.0万 
 46  ティーシーエム  長野 114億円  3.6万 
 47  プライムファイナンス  東京 110億円  2.3万 
 48  山陽信販  京都 109億円  2.7万 
 49  三貴商事  東京 106億円  3.6万 
 50  アース  北海道  105億円 3.4万