消費者金融

審査

誰でも借りれる?

誰でも消費者金融で借りれるかと言いますと、決してそうではありません。満20歳以上で定収のある人でなければお金を借りることは出来ません。無担保のフリーローンの場合、お金を貸す側は何を担保に貸し出すかといいますと、個人の信用に対しての貸し出しです。

すなわち、支払い能力があるか否かが一番重要な審査項目となります。信用力が高いのは言うまでもなく、決してリストラに遭わないであろう公務員や、大企業のサラリーマンになります。逆に信用力が低いのは、アルバイトやパート、あるいは臨時工や期間工になります。

消費者金融一覧

彼らは低収入であると同時に、いつ解雇されるかわからないという状況にあることから、支払い能力が低いと見なされても仕方がないのが現実です。

以上のことから、誰でも借りれる消費者金融というのは存在しません。毎月きちんと収入が入ってくるサラリーマンで、尚且つ他社からの借り入れが無いことが重要なポイントになります。

他社からの借り入れが多いような方は、支払い能力が低いと見なされて審査で落とされる可能性が高くなります。

現在の借り入れ総額については、審査の際に信用情報機関のデータ調査で瞬時にバレてしまいます。いくら隠したところで、直ぐに借り入れ件数はバレてしまいますので、申込書には虚偽の記載をしないことが重要です。

0

確実に借りるためのポイント

誰しも借り入れ審査で落とされることは辛いものです。可能であれば一発で審査に通りたいと考えるものですが、金銭賃借契約は貸す側と借りる側の思惑が一致しなくては成立しません。

借りる側は少しでも低い金利で借りたいと思いますし、貸す側は返済能力の高い優良顧客に貸したいと考えています。優良顧客とは、年収が高くて現在の借り入れ件数が少ないサラリーマンを指します。

0

基本的に大手の消費者金融ほどそういった優良顧客への融資を優先していることから、優良顧客でない人に対してはシビアな審査になってしまいます。つまり借り入れ件数が多い多重債務者への融資は、事実上閉ざされているということです。

では、借り入れ件数が多い多重債務者はお金を借りれないのかと言いますと、決してそうではありません。そういった人を対象にしている金融業者は星の数ほど存在します。中小消費者金融などがそうですが、中小規模の金融業者は大手ほど審査が厳格ではありませんので、審査に通る可能性が高くなります。

その分、金利は高くなりますが、多重債務者への融資は金融業者にとってもリスクの高いことなので、当然のことかと思われます。

ネットキャッシング

消費者金融でお金を借りる際、まず借り入れ審査があります。店舗窓口、無人契約機、ネット申し込みの三種類がありますが、一番簡単に申し込めるのがネット申し込みでしょう。ただ、ネット申し込みは相手の見えない審査なので、窓口審査と比べると幾分審査は厳しくなります。

窓口審査では金融会社の社員と対面で審査を受けるので、個人の性格や人間性なども審査に加味されます。より多くの限度額を引き出そうと思えば、少々の恥を捨てて窓口審査へ足を運ぶべきでしょう。自分の子供ほどの社員に頭を下げて恥ずかしい思いをしたくなければ、ネット申し込みにすべきです。

ただ、いくらネット申し込みといえども、電話の身元確認と、勤務先の在籍確認はあります。

審査で一番重要なポイントは、今現在の借り入れ状況。総量規制で年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなったことから、それ以上の借り入れがある人は普通の金融会社では借りれなくなりました。それと、勤務先の勤続年数、年収、自宅が賃貸なのか持ち家なのかも重要な審査ポイントです。

虚偽の事項を記載してそれがバレてしまったら信用が一気に落ちてしまいますので、嘘偽りのないように記入しましょう。審査に通れば、直ぐにカードを発行してまらえます。カードを手にしたら、限度額内であれば何時でもお金の借り入れが可能になります。