消費者金融

タンス預金

未だに日本人の多くがタンス預金をしているのが現状です。江戸時代ですでに商人は市場経済、資本主義経済の中に暮らしていました。お金の信用創造の仕組みや、お金の移動を理解していないと、実際の経済の流れや生活、仕事がどう回転しているのか把握できません。誰かが消費者金融でお金を借りてタンス預金を始める。それに危機感を抱く銀行が貸しはがしを始める。これをやれば必ず信用創造の逆転が発生して、マネーサプライはマイナスとなります。そして、マネーサプライがマイナスになれば、当然景気は沈滞化、不況がどんどん進行していきます。
北海道ブラック消費者金融

サブプライムローン

2008年のサブプライム問題にしても、アメリカの投資銀行がサブプライムローンの証券化という、新規の手段を創作して、そこにレバレッジをかけて何十倍、場合によっては何百倍に膨らませました。リーマンブラザーズなどは最初の100万円からサブプライムローン証券を作って、様々なところに貸し付けていました。もとは100万円しかないものがどこかで焦げ付くと、それが20億円、30億円の焦げ付きとなって、バランスシートのなかで消えていったのです。リーマンが持っていた債権が瞬間に消滅し、債務だけが残ったのです。

持参債務

持参債務とは、給付の目的物(物や金銭)を、債務者が債権者の住所に持参して履行(引渡し)しなければならない債務のことです。取引債務は、債権者が債務者の住所に来て目的物を取り立てて履行を受ける債務を言います。持参債務か取引債務かは、当事者の合意によります。